メラトニンリキッドの効果や口コミ、過剰摂取するとどうなる?

サプリメント

「1度も不眠に悩んだことがない」という方もいらっしゃるかもしれません。ですが、大なり小なり、さまざまな心配事が身の回りで起きるのが普通で、それによって長期的に不眠に悩まされている方も沢山いらっしゃいます。

そんな時に役に立ってくれるのが睡眠導入のサプリメントです。今回ご紹介するメラトニンリキッドは、より早い効果の実感が期待できるとされているリキッドタイプですので、そのまま直接口の中へスプレーはもちろん、飲み物に混ぜて摂取したりすることも可能です。


画像引用元:https://www.pakutaso.com/

この記事ではメラトニンリキッドの効果や口コミ、効果は分かるけど過剰摂取するとどうなるの?といった事をご紹介したいと思います。

すでにメラトニンリキッドの購入を決めていらっしゃる方は、最安値で購入できる販売店を探した記事をご用意していますので、下のリンクボタンからどうぞ!

最安値で購入できる販売店を探す

メラトニンリキッドの効果

メラトニンリキッドは、有効成分のメラトニンを配合した睡眠維持に優れたサプリメントです。携帯しやすいスプレータイプですので、旅先や出張先など環境が変わった場合でも、サッと使用できる手軽さも特徴の一つです。

夜間に合成が促進されるメラトニンを補給することによって、生物に備わる1日のリズム(サーカディアンリズム)へ働きかけます。従来の睡眠薬のような鎮静や抗不安といった作用はありませんので、より自然な睡眠の維持が期待できるのです。


画像引用元:http://o-dan.net/ja/

今回ご紹介するメラトニンリキッドの製造元の工場は、米食品医薬品局が発行する製造品質管理基準を取得済みです。この厳しい基準をクリアした製造環境のもと、高品質かつ安心・安全なサプリを製造しています。

メラトニンリキッドとアンチエイジング

2010年5月にメラトニンは国際宇宙ステーション実験棟「きぼう」において破骨細胞の抑制作用が認められています。

これはメラトニンが宇宙飛行中の宇宙飛行士の骨量減少を防ぐ予防薬として使用できる可能性を示していて、近い将来メラトニンが宇宙飛行士の骨量低下の予防・治療薬に活用されることが期待されます。

それだけではなく、女性の閉経後の骨粗鬆症の進行と認知症の進行を抑制するなど一段とアンチエイジング効果に期待が集まっているようです

メラトニンには強い抗酸化作用があることで知られています。抗酸化作用とは、その言葉のとおり老化の原因となる活性酸素を抑える働きのことを言います。

私たちの体にはもともと抗酸化作用が備わっていて、体内で抗酸化酵素が作られ、活性酸素を抑えるために働いています。しかし、抗酸化酵素を作り出す力は20代をピークを迎え年齢を重ねるごとに少なくなってきます。

メラトニン以外で体内での抗酸化酵素の生成を高めるためにも、食品から抗酸化作用を持つ栄養素を取り入れる事も大事です。以下のような食品が抗酸化酵素の生成や活性に必要になってきます

  • 亜鉛:牡蠣、牛肉、豚肉、うなぎなど
  • 銅:干しエビ、ココア、レバー、種実類など
  • セレン:いわし丸干し、しらす干しなど
  • マンガン:しょうが、海藻、未精製の穀物、豆類など

メラトニンリキッドの正しい飲み方

メーカーの説明によりますと

ボトルをよく振ってから、6スプレーを目安に、口内に直接スプレーする。または水・ジュースなどの飲み物に混ぜ、就寝する約20分前に服用してください。

とあります。量の目安としては、6スプレーでメラトニン約3mg(1スプレー約0.5mg)分となります。あくまでも目安ですので、効果が強かった場合などは使用量を減らすなど調整しながら使用しましょう。

レビューに多く見られたのが、メラトニンの吸収を早くするために舌の下にスプレーするというものでした。こうやった方が効果が早く現れるようです。

メラトニンリキッドを過剰摂取するとどうなるの?

メラトニンを過剰摂取した場合の症状を散々探してみたのですが、なかなか見つからずやっと見つけたのがウィキペディアの

多量に飲んだ場合は、吐き気などの原因になる

という一文のみでした。他の副作用としては「頭痛」「めまい」「過敏症」「偏頭痛」「腹痛」などがあるようです。

フランス政府は2018年4月にメラトニンには炎症促進性作用と免疫活性化作用があるため炎症性疾患、自己免疫疾患に罹患している人は内服しないように通達しています。

メラトニンリキッドは3mgが人気

メラトニンリキッドには製造している会社が違ったり、メラトニンの含有量がちがったりで幾つかの種類が販売されています。

まずはVitalMeのブランドでお馴染みのサファイアヘルスケア社が製造しているメラトニンリキッドは1mgと3mgのものがあります。最初は1mgのものを使い始めて3mgで落ち着いたという方が口コミを見ても多いようです。

もう一つはナトロール社が製造しているメラトニンリキッドです。コチラは以前は1mgがありましたが、現在では取扱がされたおらず、2.5mgのものが1種類あるだけになっています。

口コミを見ても圧倒的に3mgを使用している方のほうが多いようで、携帯しやすさから人気が高まってきています。特にサラリーマンの方が出張に持って行き使用している事が多いようです。

メラトニンが日本で発売されない理由

メラトニン製品はアメリカでは栄養補助食品やサプリメントとして販売されており、店頭で処方箋なしで誰でも簡単に買うことができます。

一方、日本ではメラトニンを製造・販売することは認められていません。そのため、利用する際には個人輸入という形で手に入れるか、あるいはアメリカに行って直接購入するしか方法はありません。

これは一般人に限ったことではなく、医師がメラトニンを使いたいときでも厚生労働省に申請し薬監証明をもらい輸入しているというから驚きです。


画像引用元:https://www.pakutaso.com/

日本ではメラトニン製品そのものではありませんが、メラトニン受容体に作用する化合物は、2010年にロゼレムが承認されました。認められた効果は「不眠症における入眠困難の改善」です。

要するに、日本ではメラトニン製品は「不眠症に有効ではない」として認められていないようです

メラトニンリキッドの口コミや評価

これからはメラトニンリキッドを実際に使用した方の口コミや評価を見ていきましょう。

メラトニンリキッドの良い口コミ

まずは良い口コミからです

使用量としてはとりあえず6スプレーからスタートしましたが、普段服用しているNatrolのアドバンスドスリープメラトニン10mgと同等の眠気が感じられました。睡眠不足に悩んでいる皆さんにオススメですよ。

コスパが最高すぎます!
メラトニンリキッドのおかげで睡眠障害が改善されつつあります。
悩む方にいい眠りが訪れ良い目覚めが迎えられますように。

とても自然に眠気を感じ、入眠することができるようです。
他の睡眠改善サプリと違って、使っていて体調不良にならないことが一番気にいっています。
会社の同僚にも勧めておきました

錠剤のメラトニンを常用しておりましたが、使いやすさ、量の調整が効きそうなので購入しました。
使い勝手は抜群です。量も簡単に調整ができます。
自宅用と出張用で使い分けて錠剤と併用したいと思います。

不眠の症状が改善されて嬉しいという、コチラまで嬉しくなってくるようなレビューですね。自分に効果があったからこそ他の方にもオススメするという、良い循環が回ってるようです。

メラトニンリキッドの悪い口コミ

今度は悪い口コミも見ていきましょう。

今まではエスゾピックオンリーでしたが睡眠の質を向上したくて買いました。これから試しますがbefore afterが書けたらいいなあと思っています。

エスゾピックを使ってますが、持ち運びが便利で使い勝手がよそうなので購入しました。
まだ届いてないので期待を込めての評価です。

自分の場合は服用してすぐに眠気がくるとかではなく思ったよりゆるやかな感じでした。自分にちょうどよい服用量を探したいと思います。

「効果がなかった」という意見より、これから効果が出るのか不安や期待から評価を少し下げた方ばかりのようですね。

メラトニンリキッドの最安値

それでは気になるメラトニンリキッドの最安値をご紹介したいと思います。

私がネット上で展開している個人輸入代行業者を17件あたった所、メラトニンリキッドの取扱いがあったのはたったの1件でした。一覧でご覧ください

★オオサカ堂     1,200円
ベストケンコー    取扱なし
くすりエクスプレス  取扱なし
安心通販マート    取扱なし
ネット総合病院    取扱なし
メデマート      取扱なし
ココロ薬局      取扱なし
お悩み宅急便     取扱なし
くすりぴあ      取扱なし
ちょびひげ薬局    取扱なし
お薬ボックス     取扱なし
くすりの宅配便    取扱なし
お薬ラボ       取扱なし
ユニドラ       取扱なし
薬の通販オンライン  取扱なし
つるかめ薬局     取扱なし
お薬ナビ       取扱なし

ということで、メラトニンリキッドを販売しているのはオオサカ堂だけでした20日分がたったの1,200円ですね。

少し前に出てきた日本で始めて承認された「ロゼレム」なんて、100錠入りで20,000円以上するんですから、それを考えると良いコストパフォマンスと言えますね。
いち早くメラトニンリキッドをご購入されたい方は下のリンクボタンからどうぞ!

最安値店はコチラ!

実際にメラトニンリキッドの取扱があるのか、最安値を調査した記事を見たいという方は下のリンクボタンからどうぞ。(全て検索結果が表示されている画像を記事内に貼り付けてあります)

最安値で購入できる販売店を探す

コメント