早朝覚醒に効く薬や漢方

不眠症

何かしらの原因があって睡眠のリズムが崩されて、眠れなかったり、眠りが浅くてすぐに起きてしまったり、朝早く目覚めてしまったりするのが「不眠」と言われます。

その中でも、いつも起きている2時間以上前に目が覚めて、その後も眠れずに日中に眠気が残ったままの状態である、早朝覚醒に効く薬や漢方薬について調べてみました。

早朝覚醒に効く漢方

漢方では、眠りには「気」が大きく関連していると考えていきます。不眠の要因となる疲労やストレスは気のめぐりを邪魔して滞らせてしまいます。

その場合は気の流れを戻して心を落ち着かせる処方をするなど、カウンセリングなどを行い不眠の状態に合わせて漢方薬が処方されます。

漢方では、「入眠」という一部分だけを解決しようとするのではなく、不眠の「自然な眠りをさまたげる原因を取り除く」というところから考えます。眠りをさまたげる原因にはたらきかけ、良い眠りに導いていきます。

釣藤酸(チュウトウサン)

釣藤酸(チュウトウサン)は、頭部を中心とした不快症状が顕著な状態である「肝陽上亢」といった症状や、めまい・震え・痺れが表れる「肝風内動」に処方される代表的な漢方薬の1つです。

それらが原因となって起こる「不眠」「痙攣」「のぼせ」「イライラ」「すぐ頭に血が上る」といった症状に多く用いられます

具体的な例を上げると婦人の更年期や、体質の虚弱者の慢性腎炎や脳動脈硬化の時の頭痛、めまい、肩こりに効果があったと、現場の医師からの報告もあります。

また、症状は1つが連続して起こるのではなく、頭痛は朝の起床時や休息時に現れ、頭痛とともに易怒性、のぼせ、頭重感、耳鳴り、不眠などの神経症状が強く、食欲不振などの消化器症状といったように、変化していく場合もあります。

配合されている生薬には

釣藤鈎(チョウトウコウ):アカネ科のカギカズラのトゲなどを乾燥したものです。 漢方的には肝蔵の機能亢進状態を改善する平肝、痙攣を止める止痙などの効能があり、高血圧に伴う症状や「不眠」「めまい」「痙攣」「興奮」といった症状に用いられます。

陳皮(チンピ):ミカンの外皮を陰干しにして乾燥させ、1年経過させた生薬の陳皮には、毛細血管を丈夫にする精油成分のリモネンやフラボン配糖体が含まれています。全身の「気」を整える作用によって、血流改善により肥満、血中脂質上昇、ストレスを抑制します。

半夏(ハンゲ):サトイモ科カラスビシャクのコルク層を除いた塊茎になります。身体の中のよどみを乾かして、胸のつかえた感じや目眩を治したり、吐き気を取ったりする重要な生薬です。生の半夏を用いるときは生姜と配合し、半夏による口腔内のしびれ感や熱感、声のカスレなどの症状を緩和してくれます。

麦門冬(バクモンドウ):ユリ科の多年草であるジャノヒゲのひげ根の一部に、紡錘形に膨らんだところがあり、これを薬用にします。「不眠」「不安感」「動悸」「煩躁」「口渇」「喀血」「便秘」といった症状に用いられます。

茯苓(ブクリョウ):松の根に寄生するサルノコシカケ科のマツホドの菌核を乾燥したものです。 胃腸の働きをを整えて消化機能を高める作用の他に、精神を安定させる働きも持っているため「不眠」「動悸」「胃腸虚弱」「下痢」「食欲不振」「むくみ」などの症状に処方される生薬です。

人参(ニンジン):人参は漢方の要素として、強壮剤の代名詞としてよく知られています。朝鮮人参や高麗人参などが有名ですよね。胃腸の衰弱による新陳代謝機能の低下といった症状など、幅広く使用されています。東洋の伝統薬物の中でも、高貴で最も珍重される生薬とされ、最近では世界中で利用されています。

防風(ボウフウ):セリ科のボウフウの根や根茎を乾燥したものです。風邪を防ぐ働きがあることから、防風という名前がつきました。刺し身のつまには、ハマボウフウの若葉が使われますし、正月の屠蘇(とそ)にも入っているなど、日本人には身近な植物です。発汗や鎮痛といった作用があります。風邪の時の「めまい」「頭痛」「関節痛」などに効果的です。

菊花(キクカ):キク科のキクまたはシマカンギクの頭花を乾燥したもの。炎症を鎮め、熱を下げる作用があります。眼の充血、かすみ目、風邪の初期症状や頭痛に効果的です。眼球に関連したトラブルに多く用いられます。

甘草(カンゾウ):マメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したものです。文字どおりの「甘い草」と書くカンゾウは、紀元前から薬として用いられています。漢方処方の要薬で主要処方の70%以上に配合され、「解毒作用」「抗炎症作用」「抗菌作用」「鎮痙作用」といった効果があります。

生姜(ショウキョウ):熱帯アジア原産の多年生草本であり、根茎を薬用とします。体を温める作用や発汗作用があり、特に風邪のひき始めなどに利用されます。胃の働きを正常にしてくれる働きがあり、吐き気や嘔吐にも効果的です。

石膏(セッコウ):天然の含水硫酸カルシウムである石膏をくだいて粉にしたものです。肺の熱や炎症をしずめる働きと利尿作用が確認されています。「口内炎」「咽喉炎」「肌のほてり」などの熱や炎症をしずめるのに有効とされています。

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)は、体を冷やして熱をとり、炎症を鎮めることで、口内炎や皮膚炎を緩和してくれる働きがあります。

例えば、口内炎ができるのは、体の上部に熱がこもっているからだと、漢方では考えます。食事で刺激物や脂っこいもの、甘いものをとり過ぎると、それによって余分な熱が発生し、体の上部に熱がこもってしまいます。

これらの余分な熱は炎症を引き起こすため、口内炎や赤みのある皮膚炎、鼻血などの原因になると漢方では考えるので、黄連解毒湯などが処方されます。

いらいらして落ち着かない傾向がある人の「不眠症」「鼻血」「神経症」「胃もたれ」「二日酔い」「めまい」「動悸」「更年期障害」「湿疹」「皮膚炎」「口内炎」といった症状に効果があるために重宝される漢方薬です。

黄連解毒湯は自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。構成している生薬は下記の4種類で、いずれも熱や炎症を鎮める働きのある生薬です。

これら4つの生薬が一緒に働くことで、相乗効果が高まりより良い効果を発揮します。病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を処方するのが一般的になっています。

配合されている生薬は以下の4種類になります

黄芩(オウゴン):シソ科のコガネバナの根を乾燥したものです。名前から黄金のような黄色の花が咲くように思われやすいですが、実際は紫紅色の花なんです。国内では岩手県で少量栽培されていますが、中国の「山西」「山東」「河北省」などから輸入するのがほとんどです。消炎や解熱の効果があるため、下痢、腹痛、黄疸や色んな炎症の症状に処方されます。

黄連(オウレン):キンポウゲ科のセリバオウレンなどの根茎を乾燥したものになります。消炎、止血、精神不安などに効果があるため、「口内炎」「下痢」「腹痛」「嘔吐」「精神不安」といった症状に多く用いられます。

山梔子(サンシシ):アカネ科のクチナシの果実を乾燥したものです。名前の由来は果実が熟しても開裂せず口を開かないので「口無し」になった等の説があります。熱による苛立ちや不眠、歯茎の赤い腫れ、目の腫れや充血、腫れて熱をもった吹き出物などを解消してくれる働きがあります。

黄柏(オウバク):ミカン科のキハダまたはシナキハダの樹皮を乾燥したものです。 胃腸の働きを高め、炎症を抑えることによって、胃腸炎や下痢を改善してくれます。さらに湿布薬として、打ち身やねんざ、関節炎にも用いられます。キハダの樹皮は中国だけではなく、日本でも古くから胃腸病の民間薬として利用されてきました。

早朝覚醒に効く薬

一般的な睡眠薬の使い方としては不眠の症状によって、それにあった作用時間を持つ薬を選択しなければいけません。組み合わせとしては以下のようになります。

入眠障害:短時間作用型
中途覚醒:中時間作用型
早朝覚醒:長時間作用型

短時間作用型は、入眠障害や軽い中途覚醒に適しています。連続して服用しても翌日に残る量が少ないことから、翌日昼間への眠気などの持ち越しが少ないのが特徴です。

中時間作用型は中途覚醒、早朝覚醒などに適しています。長時間作用型の睡眠薬の特徴や使い方は、中時間作用型のものとほぼ共通していて、中途覚醒、早朝覚醒といった不眠に適しています

以下に早朝覚醒に効果のある「中時間作用型」「長時間作用型」の睡眠薬をご紹介していきます。

長時間作用型

ダルメート:共和薬品工業㈱が製造していて、一般名はフルラゼパム塩酸塩です。ジェネリック品はありません。脳内で神経興奮に関わるベンゾジアゼピン受容体を刺激して、脳の活動を抑えることで眠りやすくし、睡眠障害などを改善する薬です。

ドラール:久光製薬㈱が製造していて、一般名はクアゼパム錠と言います。作用はダルメートと同様に、脳内で神経興奮に関わるベンゾジアゼピン受容体を刺激して、脳の活動を抑えることで眠りやすくし、睡眠障害などを改善する薬です。

ハルシオン:ハルシオンはファイザー㈱が製造していて、一般名はトリアゾラム錠と言います。0.125mg錠と0.25mg錠の2種類が販売されています。上記の2つと同様に、脳内で神経興奮に関わるベンゾジアゼピン受容体を刺激して、脳の活動を抑えることで眠りやすくし、睡眠障害などを改善する薬になります。

中時間作用型

ネルロレン:ネルロレンは辰巳化学㈱が製造していて、一般名はニトラゼパムと言います。5mg錠と10mg錠、10mg配合の細粒の3種類があります。脳内のベンゾジアゼピン受容体に結合してGABAの作用を増強し、神経活動を抑制することにより、不安や緊張をやわらげ、寝つきをよくします。

ユーロジン:ユーロジンは武田テバ薬品㈱が製造していて、一般名はエスタゾラム錠と言います。1mg錠と2mg錠、細粒の3種類が販売されています。脳の神経をしずめる作用があります。そして、不安や緊張感をほぐし気分をリラックスさせて、自然に近い眠りに誘います。

フルニトラゼパム:フルニトラゼパムは共和薬品工業㈱が製造していて、一般名もフルニトラゼパム錠です。ジェネリック品ですので、他のものよりは価格は安くなっています。同類薬のなかでは、持続時間が中間型です。寝つきの悪いときや、夜中に何度も目が覚めてしまう人に処方されます。

早朝覚醒に効く市販薬

まず、「早朝覚醒 市販薬」といったキーワードで検索してみましたか?おそらく検索結果に出てきたのは「ドリエル」「ネオデイ」「リポスミン」あたりだと思います。

これらの商品の有効成分は「ジフェンヒドラミン塩酸塩」というものです。これは、皮ふの痒みをしずめたり、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状をおさえる目的で広く使われています。

花粉症の薬を飲んで眠くなったという経験をされた方の多いのではないでしょうか?これは薬の副作用として眠気を引き起こすといったもので、上記の市販薬も副作用を利用して眠気を誘っているといったものなのです

こういった睡眠導入薬を購入したいかたでも、もっと安く買えるものが欲しいのではないでしょうか?それなら「アレルギー・メディスン」をご紹介します。

アレルギー・メディスンはドリエルなどと同様に、有効成分は「ジフェンヒドラミン塩酸塩」で、配合されている量も全く同じで価格も安いです。

1錠の単価でいいますと、ドリエルの@136円に対して@3.9円です。3つの中でも一番安いリポスミンの@34円と比べても8倍もの価格差があります

「アレルギー・メディスン」については、もっと詳しい記事がありますので、興味を持たれた方は下のリンクボタンからどうぞ。

詳しい記事を見てみる

もっと直接的に効果のある睡眠導入薬が欲しいんだ!という方もご安心ください。このブログのトップページではAmazonや楽天市場では取扱うことの出来ない商品をランキング形式でご紹介しています。

「わざわざ病院へ行って処方してもらうのは・・・」という方は、ぜひ見てください。自宅にいながら通販で購入できるオススメの睡眠導入薬ばかりですよ。

トップページを見てみる

コメント