フルボキサミンの通販での最安値

用語

この記事では、フルボキサミンの効果や気になる副作用のこと、通販で購入できる最安値について調べてみました。女性なら気になる「太る」という噂についても調査しましたよ。

フルボキサミンとは

フルボキサミンとは、脳をリラックスさせたり睡眠とも関わり合いの深い、セロトニンの働きを高める作用のある抗うつ剤になります

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類される薬で、「社会不安障害」「強迫性障害」「うつ病」などの治療に用いられます。

1999年から販売されていて、現在ではジェネリック品も出回っていて「フルボキサミン錠」として販売されています。どちらかというと、落ち込みが激しい場合より不安が高まった状態の時に使用されることが多いですね。

フルボキサミンの効果・効能

フルボキサミンは、照準をセロトニンだけに絞って増加させる薬になります。副作用を軽減させるために、それ以外の作用を抑え目に作られています

同じSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類される薬には「ジェイゾロフト」「デプロメール ルボックス」「パキシル」「レクサプロ」といったものがあります。

うつ病は脳内にある前シナプスと後シナプスの間のセロトニン量が減少し、情報伝達がうまくいかないことが原因だと考えられています。

脳内の前シナプスのセロトニン再吸収部位である、セロトニントランスポーターにSSRIが結合することによって、前シナプスでのセロトニン再取り込みを阻害します。

すると、シナプス間隙のセロトニン(5-HT)量が増えることにより、後シナプスのセロトニン受容体へのセロトニン結合が増える(正常に戻る)という作用機序があります。

フルボキサミンは、強迫性障害に使われることも多い薬です。用量が増やしやすいことと、他のお薬との相互作用でシナジー効果(良い所取りの相乗効果)が期待できるためです。

フルボキサミンの副作用

フルボキサミンは比較的安全性の高い抗うつ薬とされています。従来の薬に多くみられる口の乾きや便秘などの不快な副作用も少なくなり改善されているようです

飲み始めの胃腸症状(ムカツキや腹痛)に対しては、吐き気止めや胃薬で対処可能ですから我慢せずに 医師に相談してみてください。その後の副作用はわりと少なく、長期の維持療法にも適していますから、多くの病院で処方されています。

決して多くはありませんが、人によっては薬を服用することによりかえって神経過敏になり、不安感を生じたりイライラ・そわそわ落ち着かない気分になることがあります。

極端な例かもしれませんが、衝動的な行動につながるおそれもあるようです。このような精神的変調も服用開始時に見られる症状ですので、こういった場合は心配せず医師とよく相談してください。

重い副作用はほとんどありませんが、このSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の特異な副作用として「セロトニン症候群」があります

「血圧上昇」「下痢」「頻脈」「発汗」「発熱」「めまい」「ぴくつき」「体の震え」「不眠」「混乱」「興奮」「不安」「落ち着かない」

セロトニン症候群には、このような症状があらわれます。「なにか普段と違うな」「おかしいな」と感じたら、すぐに医師に相談することをお勧めします。

フルボキサミンの通販

フルボキサミンはAmazonや楽天市場といった、大手の通販サイトでは取扱っていません。医薬品は販売を目的として大量に販売することはできません。

なので、フルボキサミンを通販で購入するには「個人輸入代行」のサイトを利用するのが一番確実な方法になります。

個人輸入代行のサイトと一口に言っても、その数はかなり多いのが現状です。なので私が知りうる限りのサイトを調べましたので、結果を一覧でご覧ください。

フルボキサミンの最安値

★オオサカ堂   :1,908円
ベストケンコー  :2,328円
くすりエクスプレス:7,096円
あんしん通販マート:取扱なし
ネット総合病院  :取扱なし
メデマート    :2,700円
ココロ薬局    :2,500円
お悩み宅急便   :2,240円
くすりぴあ    :取扱なし
お薬ラボ     :取扱なし
ちょびひげ薬局  :2,900円
イエカラ薬局   :取扱なし
くすりの宅配便  :取扱なし
薬の通販オンライン:取扱なし
ユニドラ     :取扱なし
つるかめ薬局   :2,700円
お薬ナビ     :2,250円

17店舗を調べた結果、フルボキサミンを取扱っていたのは9店でした。最安値で販売していたのはオオサカ堂でした。

早速、購入される方は下のリンクボタンからどうぞ!

最安値を見てみる

フルボキサミンは太る?痩せる?

多くの方が気にされる抗うつ剤の副作用の中には「体重増加」があります。たしかに抗うつ剤は、食欲を一時的に増したり、リラックス効果により体の代謝を抑えたりと、太りやすくなる傾向の薬が多いのですが、当然に種類によって差があります。

フルボキサミンの分類されるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、飲み始めの数カ月は痩せる方向に行くことが多く、その後は太りやすい傾向にあることが報告されています

飲み始めの体重減少に関しては、フルボキサミンの副作用である「吐き気」「嘔吐」「下痢」といった胃腸障害によって食欲が落ちる影響が大きいかと思います。

長期に渡って服用を続けていくと体重増加していくのは、精神症状が改善していくためと考えられます。体も精神的にも元気になって食欲が増加していくということと考えられます。

また、うつ病により過食の症状があった方が、フルボキサミンを服用することにより精神が安定して過食が収まり体重が減ったという報告もあります。

フルボキサミンとは逆に、太りやすい抗うつ薬もあります。NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)というもので、

先発品
「リフレックス錠」「レメロン錠」
ジェネリック品
「ミルタザピンOD錠」「ミルタザピン錠」

という名前で処方されます。

フルボキサミンとアルコール

フルボキサミンとアルコールといっしょに飲むと、いろいろな副作用がでやすくなります。飲酒はできるだけ控えるのが懸命です

そもそも、アルコールは脳に作用して気分を上げたり下げたりと変化させるため、抗うつ薬が効いているかどうかなど、医師が治療の効果が判断できなくなります。

また、せっかく服用している抗うつ薬の治療効果が低下したり、幻覚や意識障害といった副作用が強く現われることもあります。

抗うつ薬、睡眠薬、精神安定薬などを服用している状態で、アルコールを飲み続けることは処方薬とアルコールの双方に依存してしまうリスクが高くなります。

また、思わぬ作用を相互に引き起こして、最悪の場合は生命の危険にまで及んでしまいます。

フルボキサミンの離脱症状

どんな薬でも、長期間服用していると体内に薬があることが当たり前の状態になっていきます。その状態で急激に薬を減らしてしまうと、精神的にも肉体的にも不調が生じてしまうことがあります。

フルボキサミンは作用時間が短いため、他の薬に比べると離脱症状がやや多い薬になります。離脱症状の例を上げますと

「イライラ」「ソワソワ」「不安」「不眠」「痺れ」「耳鳴り」「めまい」「頭痛」「吐き気」「怠さ」

といったもので、これらの離脱症状は、薬が減って1~3日ほどして表れるようになります。ほとんどの方は2週間ほどで収まっていくことが多いですが、長い方ですと1ヶ月単位で続いてしまう方もいらっしゃいます。

なので、フルボキサミンを服用する量を少しづつ減らしていく必要があります。代表的な薬の減らし方としては「漸減法」と「隔日法」といったものがあります

漸減法は、1~2週間ごとに服用する量を少しづつ減らしていく方法です。隔日法は服用する量は同じですが、服用する感覚を最初は1日おきにして、徐々に間隔を2日・3日と伸ばしていく方法になります。

コメント